第13回日本臨床栄養代謝学会首都圏支部会学術集会

演題募集

演題募集期間

2022年1月17日(月)~2022年2月11日(金)
25日(金)まで延長しました。
終了しました。

応募資格

一般社団法人日本臨床栄養代謝学会会員、ならびに会員以外の医療関係者(非会員の発表には共同演者に会員を含むものとします)はご応募いただけます。本学会支部学術集会は、学会の認める全国学会・地方会・研究会として、NST専門療法士資格取得・更新の申請に必要な参加条件として5単位の取得が可能です。非会員の方は、この機会に是非ご入会ください。

一般社団法人日本臨床栄養代謝学会ホームページ「入会・変更手続き」は下記ボタンからどうぞ

応募方法

  1. 演題応募フォーム(Word)をダウンロードし、各項目にご記入の上、学術集会運営事務局(E-mail:jspen_metro2022@intergroup.co.jp)までメール添付でご提出ください。
  2. 「所属機関名」、「部門名」は正式名称でご入力ください。入力されたものを抄録集に掲載いたします。
  3. メール件名を「演題応募:jspen_metro2022」としてください。
  4. Wordファイル名は「筆頭演者の氏名と募集テーマ番号」を記載してください。【例)山田花子_1】

制限事項

  • 演題名は50文字を上限といたします。
  • 抄録本文は700文字を上限といたします。
  • 抄録本文は【目的】【方法】【結果】【考察及び結論】の順番に記載してください。
  • 症例報告の場合は【目的】【症例提示】【考察及び結論】としてください。

研究倫理、個人情報保護と利益相反(COI)の自己申告

第13回日本臨床栄養代謝学会(旧:日本静脈経腸栄養学会)首都圏支部会 学術集会の演題申し込みに当たっては、研究倫理指針、個人情報保護法改定に伴う資料を参考にして準備してください。また、一般社団法人日本静脈経腸栄養学会が公開している臨床研究の利益相反(COI)に関する共通指針(Policy of Conflict of Interest in Clinical Research)に準じて筆頭演者のCOIも申告してください。

資料:https://www.jspen.or.jp/society/coi/

演題応募に際しての倫理的問題は演者の責任で解決されていることが必要です。応募演題は研究自体の倫理性、特に、ヒトを対象とした医学研究の場合には患者さんのプライバシーの保護やインフォームドコンセントなどに関する倫理的問題に十分配慮されますようお願いいたします。倫理的問題に関しては、以下のいずれかを満たすものとします。

  1. 倫理審査が不要な発表である(症例報告/連結不可能匿名化データを扱った研究/論文や公開されたデーターベース,ガイドラインの解析研究/培養細胞のみを扱った研究/法令に基づく研究)。
  2. 観察研究で所属施設の承認を得ている。
  3. 観察研究で今後所属施設か関連施設,医師会などの倫理審査を受ける予定である。
  4. 介入研究で所属施設の承認を受けて公開データベースヘの登録が済んでいる。
  5. 介入研究で今後所属施設の承認を受けて公開データベースヘ登録する予定である。
  6. その他のカテゴリーの研究で所属施設の承認を得ている。また、遺伝子治療やヒト幹細胞を用いた臨床研究であれば国の承認を得ている。

※演題募集時に個人情報に配慮して修正をお願いすることがあります。

演題申し込みに当たっては、筆頭者はCOI申告書(様式1)をワードで作成し(署名捺印不要)、演題申し込みと同じようにE-mailに添付してお送りください。発表当日は、スライドやポスターにて開示を行ってください。スライド等については指定のものをご利用いただきますが、この指定スライドは採用演題が決定後にご案内いたします。

募集テーマ

一般演題(口演)
主題は、現状の栄養管理の問題点あるいは自慢すべき独自の栄養管理方法ですが、その他栄養や代謝に関わる演題・症例報告を幅広く募集いたします。

  1. 栄養評価
  2. NST・チーム医療
  3. 周術期管理
  4. 重症病態・救急医療
  5. がん治療・緩和
  6. 摂食・嚥下
  7. 歯科・口腔外科領域
  8. 小児関連
  9. 高齢者関連
  10. リハ栄養
  11. 糖尿病
  12. 腎臓病
  13. 循環器疾患
  14. 地域連携・在宅栄養サポート
  15. 教育
  16. その他

採否通知

演題の採否および最終的な発表カテゴリーは会長にご一任ください。
なお、採否については演題応募フォームに入力されたE-mailアドレス宛てに2022年3月上旬頃にお知らせします。